忍者ブログ
オリジナルで百合エロとか百合エロじゃないとか描いてます。 版権では咲のカプ絵が描きたい発作に見舞われています。 ピクシブに先にあげることが多いので、特にエロ系はそちらで見てもらえると助かります。
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年12月28日
16:00
大井町東横イン

推  参  !

拍手[0回]

PR
 直前も直前ですいません。
 明日は月の宴でございます。
 
 今回の本は、当初予定していたものから多少変更があり、32P 300円になりました。
 内容は変わらずけーもこ本。牛鬼さんの脳内垂れ流しなユル百合本となっております。
 
 
 御嬢と魔獣 【は27】です。良ければ見ていってね!
 

 
 初サークル参加ということで色々と不安になってきた。
 お釣りどれくらい用意していったらいいんだろうか。

拍手[0回]

本日ねこのしっぽさんに入稿してまいりました。
噂には聞いていたけど、あそこまで丁寧な対応とはさすがに思いませんでした。
申込書の書き方が分からない俺に手とり足とり教えてくださった受け付け員の方、本気で格好よかったです。
月の宴には、32ページのオフセット本が出る予定です。
その本について何ですが・・・

今回初めて本を作って思ったこと。
自分の能力、精神、心構えの未熟さ

今回作った本は、正直、ヒドイ出来です・・・
販売会に出す予定の本に、作った本人が言うのもヘンですが、酷いんです。
真っ白な背景に描き込み不足の人物、手法を学ぼうとしない自分の慢心が全ての原因です。
自分の実力を直視せずに、ピクシブなどで自分が評価されないことを心の中で周りのせいにする、シュールだか何だか自分でも良く分からないものを「おもしろいもの」とゆうことにして発表して満足・・・自分が最も忌み嫌うものになっていました
なんだかふざけた立ち回りも、本当につまらない人間がやっても不快なだけでした。

後ろ向きな自虐はこれくらいにして、これからすべきことを考えたいと思います。
今回出す本ですが、イベントにはきちんと出したいと思います。
きちんと出して、読み手の皆さんに評価していただいて、全部を受け止めて自分の能力の向上に努めたいと思います。
今までのふざけた、絵を嘗めきったゴミのような人間からの脱却。
上手い人を妬まず、勉強させていただく。
これからは、「全ての創作者の仕事」をやり遂げようと思います。

長々とつまらない、痛い文章を晒してしまって申し訳ありませんでした。
今回の決意を期に、これからは、ご覧になってくれる皆様に喜んでもらえる物を、作って行けると思います。
今、このブログを見てくださっている方は非常に少ないでしょうが
皆様、今後ともサークル「御嬢と魔獣」を宜しくお願いします。

拍手[0回]

ーある日の友人との会話ー

牛鬼「やったぜおい!月の宴当選したってよ!」
友人「え、それって何?なにかのお祭り!?良かったね!」
哀牛鬼「えぁ・・・うん・・・あ、ありがとう・・・ぅぁ」

なんか微妙な空気になった

まあなにはともあれ当選ですわ

えがったえがった(東北の方言で良かったの意)
初めての同人製作に今から頭が発酵中です
妹紅と慧音のゆる百合本を出す予定でござい
ネームはよあげな

お話変わってリンク追加しました
牛鬼の友人の弧漏尾の小説サイト「Lost Taboo」

奴はおにゃのこが尿意を堪えてるシチュのが好きな奴です
たぶんこれからコッチにも絵を送ったりしますそういうかんじのを
たぶんこっちでも本を出します
奴の書いた小説をおいらがコミカライズするという形ですが
詳しくは向こうさんのサイトを見てね、っと

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
クロスカウンター
プロフィール
HN:
牛鬼星人
性別:
男性
職業:
ヲタク・ねらー
趣味:
同人活動・イラスト描き
自己紹介:
本サイトの管理人です。オリジナル中心で百合漫画やエロ百合漫画などを描いております。コミティア・コミケ・し~むす!等でオリジナル作品を頒布したりしております。

百合のほかには特撮作品が好きです。

日記も何も百合尽くめで救えないキモオタですが、何卒仲良くしてやって下さると有難いです(´ω` )
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[02/27 Surveys]
[09/24 同志スターリン]
[06/14 同志スターリン]
最新トラックバック
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
アクセス解析
P R